忍者ブログ
シルバーレインというゲームにかんするかきだめをしていたばしょです。 くわしくはTOPのにっきにかいてあります。
カウンター
最新CM
[10/26 在特会]
[12/24 スティノークル]
[12/22 小夏]
[12/16 スティノークル]
[12/15 優実]
プロフィール
HN:
葉中(b17825)
年齢:
24
性別:
女性
誕生日:
1993/11/02
職業:
鋏角衆
自己紹介:
シルバーレインのキャラクターです。
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界樹の迷宮2のネタバレが含まれます。
一階層目だけですが。
君たちは見てもいいし見なくてもいい。

ひまわり娘「あ、証書の確認が出来たので、アリアドネの糸を販売できるようになりました。買っていってくださいね」

相変わらず、死に安いであろう初心者には糸を売らないのね。外道な国です。


皇帝の月2日目

ナギ「く、かわされたわ!」
フォーマット「ニィル!クロウラーに後一撃を!
ニィル「OK!ギルドマスター!」
サーディー「……あ、やった」
ハワード「ボクの出番がありませんね……たはは」
フォーマット「今回の戦闘ではキュアがいらなくて何よりでしたね」
ナギ「さぁ、次行こうよ!」
ニィル「はいはい、ついていきますよ、お姫様っと」

というわけで、クロウラーさんも1ターンキル出来るほどまでに成長した一行。
ブシドー3人にガンナー1人の圧倒的な攻撃で大体の敵は1ターンキル出来るようになり、被ダメージも大幅に減少した。
特に、大ダメージを与えてくる一階の唯一の敵「クロウラー」を攻撃前に倒せるのは大きい。
また、TPを使うスキルはキュアだけで、しかもフォーマットのTPは装備で大幅に強化されている。
5人は長期の樹海もぐりにも耐えられるようになってきているのを2日目にして実感する事になる。
というわけで、1階の地図を埋めていく一行。

ハワード「お、看板!珍しいですね」
ニィル「なになに、広場のモンスターに気をつけろ?戦うな、ねぇ」
フォーマット「ひひひひひひ広場に……ま、魔物ぉっ!?
ナギ「落ち着きなさいよ、バカギルマス」
サーディー「……好奇心は……猫をも殺す?」
ハワード「まぁ、戦うなという事は……とっても強いんでしょうね。きっと」
ナギ「そうだろうな。まぁ、もし出会ったら忠告どおりに避けるとしよう」
ニィル「それが一番だな。女の子だったらどんなヤツでも愛して懐柔する自信はあるけれどモンスターじゃねぇ」
ナギ「あんたさぁ……ホントバカよね?」

ハワード「うわ、なんか地面が光ってる!?」
フォーマット「採取ポイントだね。こういった所からは色んな物が取れる」
サーディー「色んな……物?」
ナギ「薬草とか、鉱石とか……場所によっては様々ね」
ニィル「桜の木下には死体が埋まってるんだぜー」
ハワード「死体まで!?」
フォーマット「ラララ、ラガードって一体!?
サーディー「……怖い」
ナギ「でまかせやめなさいっつーの(ニィルの胸倉掴んで)」
ニィル「いやー、ギルマス弄るの面白いわ(あくまでさわやかな顔)」

ちなみに、採取スキルは誰も取っていないので、見送りになりました。
そんなこんなで一階を探索していると、早くも殺気が!

ナギ「む……」
サーディー「……いる」
ハワード「え?何が?」
ニィル「構えろ。油断はするなよ」
フォーマット「………………(たったまま気絶)」
ナギ「って、アンタはアホかぁっ!(フォーマットにソバット)」
フォーマット「げほっ!けほっ!?ご、ごめんちょっとカマキリとかワイバーンとかの記憶が脳裏を……」
ニィル「だからって、気絶しねーよ。…………さすがギルマス」
ハワード「あ、本当だ。広場の真ん中にでかいのがいるー」

というわけで、初FOEとの遭遇です。
といっても、今回は近寄っても動かないようですが。

サーディー「……寝てるね?」
ニィル「看板にあったとおりだな。放って置こうぜー」
ナギ「だね。すぐ後ろに扉もあるし、無視して行こう」
ハワード「了解!あ、モグラだ!」
フォーマット「起きないよね?よね?よね?大丈夫だよね?ほら、真横で起きちゃったこの戦闘中に乱入とかしてこないよね?
ナギ「知らないわよ!というか、戦闘に集中して!」

というわけで、フォーマットの懸念をよそに、無事に広場を突破する一同。
TPも少し残した状態で、無事に一回の地図を作成させるのであった。
ついでに、LVも4に。

ハワード「というわけで……ちょっと覗いてみませんか?2階」
フォーマット「……2階ではまたちょうちょが出る気がするんです」
ナギ「それも、記憶?(鼻で笑って)」
フォーマット「えぇ……って、笑わないでくださいよ!」
サーディー「……迷う」
ニィル「ま、軽く見るだけ見て帰ろうぜ?危なかったら即退却で。全員HP25以上にしとけば問題ないだろ?」
フォーマット「んー……では、それもそうですね。いきましょうか」

というわけで、2Fへ。さっそく襲い掛かる毒蝶1匹とモグラ!
だが

フォーマット「あれ?」
ナギ「……あら、あっさり」

LVの上昇でアゲハは簡単に1ターンキルできるようになっていたのであった。
夕刻が迫っていたので、その日は一時切り上げて

PM5時58分頃
ナギ「おやすみー」
サーディー「……疲れた」
PM6時
フォーマット「というわけで、おはようー」
ニィル「むにゃむにゃ……ディアナちゃーん」
ハワード「ニィルさん、起きてくださいよー。もう出発ですよ?」
サーディー「……眠い」
フォーマット「と、というわけで、今日は続いて2階に挑みます。がんばりましょう」
ナギ「……ねぇ、怒ってもいいかな?」
ハワード「何を?」
サーディー「……(こくり、こくり)」
ニィル「むにゃむにゃ」
ナギ「……なんだかなぁ」

というわけで、相変わらずの1時間睡眠で樹海に挑む一同であった。
攻撃力が十分に上がった事もあり、二階を順調に攻略していく一同。
迫り来るFOEを慎重に回避しつつ、無事に2階層を全部マッピングし終えたのであった。

ナギ「ふー、つかれたー」
ニィル「ホントだぜ。10時間くらいぶっ通してるもんな」
サーディー「でも、全部埋まった」
ハワード「隠し通路の銃も取れましたしねっ!つよいぞー」
フォーマット「それに、フォースもたまってきたようですね……試しに使ってみます?」
ナギ「あ、そういえば、そんなのもあったね。とりゃ、いっせんー」

全モグラに400だめーじ!

一同「…………」

ナギ「え?強っ!?」
フォーマット「瞬殺ってレベルじゃないですよ!?」
ニィル「うぉぉぉぉぉぉ!俺たちの時代が来たー!幕開けだ!夜明けだ!酒池肉林だ!」
ハワード「本当に強い!ボクにも出来るのかな?」
サーディー「これなら……ボスも安心」
ナギ「ボス…………あ、そういえば、ここFOEがいるわよね」
一同「…………」
サーディー「フォースがたまっているのは……私と、ニィル」
ニィル「って事は、二人で800ダメージ程度でるわけか。十分だな」
ハワード「いけますよ!他の人は皆防御していれば耐えられるでしょうし!」
フォーマット「え、いや、さすがにそれはやめた方が……」
ナギ「行くわよ!」

フォーマット「え、ちょっと、まって!

3人「おー」

というわけで、FOEに挑む一同。結果は

ナギ「うぐ……ごめん、後は任せる……わ……(がくっ)」
ニィル「一閃!あれ?200ダメージだけ?」
サーディー「いっせ……あ…………ミス」
ハワード「5割も減っていませんよー」
フォーマット「だ、だから、帰りましょうよぉっ!
ニィル「最初から言えよ!」
フォーマット「
言ってる!(泣きながら)」

というわけで、カタストのメンバーは敗走したのであった。
しかし、今回の探索で無事にLVが7まであがり、フォーマットは、無事に「リザレクション」を習得。

ニィル「はやっ!?もっとキュアのレベルとかあげようぜー?」
フォーマット「戦略的にはこっちの方が有用なんですよ。皆防御は低いですし」
ハワード「うーん、確かに。サーディーちゃん以外HP低目だし……」
ナギ「さっき、一撃で落ちたのはごめんなさい……反省するわ」
フォーマット「まぁ、無事だったんだから気にしない!ちょっと休んでまたいこう!」
サーディー「やった……眠れる」
フォーマット「え?」
サーディー「今……朝の5時」
ハワード「あ、今から寝たら、夕方6時まで寝っぱなしですね」
ニィル「ひっさびさに寝れそうだな。けっけっけ」
フォーマット「おーまいがっ!……しかたない、今日は解散ー」
ハワード「やったぁ!」
ニィル「やっほーい!」
ナギ「ふぅ……」
フォーマット「それじゃ、俺はこれで」
ハワード「あれ?どこに?」
フォーマット「あぁ、酒場に長い針を届けに……」


というわけで、背後さんの常に1時間睡眠で無駄なく行動の予定は崩れ去ったのでした。
残念。

その頃、ラガード公国内の別のギルド、ディエースでは……

アル男「それじゃ、そろそろ行こうぜ!親父の意思は俺が継ぐ!」
ソド男「よっしゃぁっ!」
ドク男「無論。手伝おう」
パラ女「でも、いいのかしら?私みたいな余所者まで一緒で。たしか、ここって高名なギルドなんでしょう?」
レン男「あー……私も雇われなんだけど……大丈夫なのか?」
アル男「それにはちょっと事情があってね」
カス女「あの、オーチョ君の手伝いなら私も……」
アル男「いーんだよ、ねーちゃんは気にすんな!」

ギルド・ディエース。
ラガード公国の5大ギルドの一つに数えられていた巨大ギルドだったが、
一年前に団長のミジョンが無くなってから、巨大な内部分裂が起きてしまったギルドである。
ギルドマスターを継いだミジョンの息子オーチョは冒険者としての経験が浅かったのが、その主な理由であろう。
今では主要メンバーはほとんどいなくなり、彼に忠義を持っているものと、新たに雇った冒険者たちの姿だけがあった。


というわけで、世界樹内時間がもったいないので、
別パーティーメンバーを作ってみました。


オーチョ(アルケミスト・15歳)
「いいか、俺たちはインペリアルクロスという(略)」
ギルド・ディエースの新リーダー。
気合だけが空回る、そんな男。イラストは金髪アルケミスト。

初期スキル:STRブースト3


タック(ソードマン・16歳)
「いくぜ!俺の一撃をうけてみろぉぉっ!」
オーチョの親友。同じく空回り系の男の子。
イラストは赤ソードマン(本来は女性イラストだけれど、一番この台詞が似合ったので)

初期スキル:剣マスタリー3


ヤーラクーマ(ドクトルマグス・37歳)
「参る」
簡潔な発言とともに行動するドクトルマグス。
先代ギルドマスターミジョンに助けられた経験があり、恩を返すべくオーチョに従う。
もっとも冷静だが、つっこまない。
イラストは黒髪マグス男。

初期スキル:巫術マスタリー、キュア、精霊の守り


ボンド(レンジャー・23歳)
「まぁ、私は問題ないからいいのだが」
雇われメンバーその1。
金次第でどんなギルドにも雇われる便利屋。
基本的に荒事は苦手だが、探索しながらMAPを埋めていくのが大好き。
冷静に突っ込む役割だが、その突っ込みは弱い。
イラストは金髪レンジャー男

初期スキル:採取3

ベア(パラディン・29歳)
「あら、それも楽しそうじゃないかしら?」
雇われメンバーその2。
享楽的な性格のパラディンで、
ギルドに参加した後は、オーチョとタックのボケを楽しみにするようになった。
名前などはどうみても偽名で、何か過去がある……のか?
イラストは褐色パラディン女性。

初期スキル:挑発2、加護


ハンナ(カースメイカー・19歳)
「私も……役に立ちたい」
ミジョンに拾われた孤児の一人で、オーチョの姉的存在。
押しが弱く、オーチョのパーティーに参加させてもらえなかった。
イラストは黒髪カースメイカー女性。

初期スキル:呪言マスタリー2、力祓いの呪言


というわけで、こちらはお金をかけずに初期装備で突貫させてみました。
メンバーは、ハンナを除く5名。
物理マスタリーのためにSTRアップさせたアルケミが意外と強くてびっくり。
1Fで、2LVまであげた所で夕方になったので、引き上げる事になりました。

3日目夜、三階へ続く








--save
4日目昼~5日目朝:3階探索LV8
5日目昼~夕方:ディエースLV3
5日目夜:鹿を通り抜ける
5日目夜~6日目朝:ディエース訓練。レベル上がらず
6日目夕方まで:3階完全探索LV9
7日朝過ぎまで:4f探索LV11
7日夕方まで:ディエース訓練。LV5へ
7日夕~8日昼:5f探索して死屍累々LV14へ
8日昼~5時:ディエース訓練。LV6へ
8日夕方~9日4時:ディエース訓練。2fへも突入
9日朝~12日朝:地獄の三日間クエスト。LV14→LV18
12日朝~:ディエース訓練LV7へ
12日夜~13日朝まで:第一階層ボス撃破LV18→19
撃破時の能力値
ナギ: 特徴・汎用的な能力値。技がそろわなかったのが残念。
小太刀、イノセントベスト、フェザーブーツ、スタデッドグローブ
STRブースト5、上段の構え10、死人の法5

ニィル: 特徴:ブースト特化。破壊力はピカイチ。
ボアスピアソード、イノセントベスト、命のベルト、フェザーブーツ
STRブースト10、AGIブースト8、LUCブースト2

サーディー: 特徴:HP特化。ナギに100以上の差をつける。
小太刀、イノセントベスト、、命のベルト、フェザーブーツ
HPブースト10、LUCブースト1、居合いの構え3、首討ち5、鎧抜け1

フォーマット: 特徴:ふつーのメディック
マイマイクラブ、ウイングリーフ、エトリアの勲章、毒蝶のリング
TPブースト1、回復マスタリー6、キュア1、ヒーリング4、フルヒーリング1、エリアヒール1、リザレクション1、リフレッシュ5

ハワード: 特徴:TPが足りない。跳弾が鬼。
突槍銃、ウイングリーフ、脱兎の御守り、虹のサンダル
STRブースト2、AGIブースト1、銃マスタリー10、チャージショット2、跳弾5

13日午前:ペット加入。3rdパーティー発足LV2に
13日午前:ディエース地道に訓練
13日午後:いざ、第二階層へ挑む
笛鼠の27、ハワード休養
HP3、TP2、STR10、AGI5、銃マスター10、ダブル1、アーム5、ヘッド5、チャージ2、精密1、掃射1、跳弾5の48LV
9485b817.PNG
PR
Comment
name
title
color
e-mail
URL
comment
pass
Trackback
Trackback URL:
[6] [5] [2] [116] [40] [33] [28] [1] [20]
忍者ブログ [PR]